★20160415

 

 

有料会員限定公開記事





【G20は「パナマ文書」で税金逃れの監視強化を日に協議】



日本、アメリカなど主要20か国・地域のG20が14日からワシントンで開催されることになっている財務相・中央銀行総裁会議でタックスヘイブンの租税回避地を利用した富裕層の課税逃れに対する監視強化を協議することになった。経済協力開発機構(OECD)も13日に各国の税務当局による緊急の会合をパリで開く。各国の首脳たちによる租税回避地の利用実態が流出した「パナマ文書」を踏まえて連携した対応を急いでいる。現時点で課税逃れの防止策として有力視されているのは富裕層たちの銀行口座などの情報を各国の税務当局が互いに交換するネットワークの拡大をすることだ。日本を含 む約100か国・地域が参加して2017年に導入される。税務当局が自国の個人や企業が海外に持っている口座情報を把握できるようにする狙いがある。




分析

アメリカ政府の狙いはオッフショアに隠されている31兆ドルの富の没収だ。その為にそのお金の逃げ場を全部アメリカ、ネヴァダ州のリーノだと報道機関を通じて言っている。リノに避難される資金を全部アメリカ政府が没収する腹である。

さらに今秋IMF、世界銀行、等が緊急会議を開いている理由はアジア勢のドル潰し計画である。要するに








2016年04月15日